地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、成田の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

成田の地域情報サイト「まいぷれ」

成田市内のイベント取材に行ってきました!

鳥型・夢ヒコーキ作り教室 ~夢ある鳥型ヒコーキを作って、みんなでとばそう!~

もりんぴあこうづにて、鳥型・夢ヒコーキ教室が開催されました。子供たちが本当に楽しそうに「ヒコーキ」を作っている模様を取材してきました。

会場は公津の杜、もりんぴあこうづ2階会議室を使用し、大きなホールで実際に飛ばしどこまで飛ばせるのか挑戦しました。今回は、22名の成田っ子たちが参加してくれました。

今日集まってくれる皆さんのため、準備も急ピッチ!

成田航空少年団のみなさんのご紹介です。

沖野勇団長。数々の資格を所有するスペシャリストで、元航空自衛隊ブルーインパルス隊員。各地の小学校、自治体などから依頼を受け、飛行クラフト教室を開講し、航空教室の講師などを務められ、さらに多方面でのボランティア活動を、年間通して多数行っていらっしゃるそうです。

ヒコーキはなぜ飛ぶのでしょう?先ずは、先人も学んだ「鳥」の飛び方を学びます。ヒコーキの原理ですね。

鳥がどうやって翼を動かしているのか?体感してみよう!

今日作るヒコーキの紹介。順番に作ってみることに。

みんな真剣に作り方を聞いていました。見たことのない形だもんね。

あらかじめ準備されていた、用紙を順番に折るだけなのですが・・・。

ん?なかなか難しいぞ??

飛んでいる最中に離れないように接着します。

成田航空少年団の役員さんに手伝ってもらいながら、作ったんです。

今日のヒコーキの一つ。ブルーインパルス!

山折り・谷折りを順番にっと!

先生方も手伝って、少しずつ大人の方も真剣になってしまいます。

できた!!

最高の笑顔ありがとう!!

飛ばすための翼の形は重要です。どうすればいいのか、丁寧に教えてくれました。

教えてくれた事をふまえて、形を調えよう。

みんな出来たぞ!ホールに移動して離陸準備をしよう。

飛ぶかな~??

 

ブルーインパルスを持って記念撮影。

飛ばすためのコツ。団長からのアドバイスを聞いたら。

さぁ!

飛んでいけ~!!

このヒコーキが良く飛ぶんです。

もっと遠くへ!

もっともっと遠くへ!

鳥の羽が羽ばたくような放物線を描きながら飛ぶんですが、ユニークな形をしていますね。

鳥が空気を掴むことを想像して、少しずつ形を整えてっと・・・。

これも、なかなか難しいゾ。

カメラに応えてくれて、ありがとう!!

飛ぶために必要なポイントを一人一人に教えてくれました。

航空少年団の役員の皆さんは、とても丁寧に教えてくれます。

これが、みんなに教えてくれたヒコーキです。飛ばすための力は必要ありません。ただ手を放すだけでゆっくりと、そして優雅に飛んでいくんですよ。

兄弟で参加。二人の最高の笑顔いただきました。ありがとう!!

みんなで、ホールへ。

さてさて、今度も飛んでくれるかな?

一通り飛ばし終え、あっという間に楽しい時間も終わりになりました。

もりんぴあこうづは、市民の皆さんが楽しく参加できる、コミュニティ活動をサポートされています。気になる方は是非お問い合わせください。お問い合わせ先は、公津の杜コミュニティセンター(電話0476-27-5252)まで。

今日紹介された、ヒコーキたち。どう作れば、いつまでも飛んでいられるか、もしかしたら、ヒントはまだまだ眠っているのかもしれません。