地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」

イベント取材に行ってきました!

第28回 春季奉納全国氷彫刻展成田新勝寺大会が開催されました

氷彫刻展は、全国ニュー一番会とNPO法人日本氷彫刻会東日本地方本部の主催による毎年3月の恒例行事です。氷彫刻を奉納し参詣者のご健勝を祈念、併せて氷彫刻技術の向上を目的としています。

大本堂周辺広場で、全国氷彫刻展成田山大会が開催されました。少し寒さの残る9:30から競技開始の号令と共に、競技者は一斉に作業に取り掛かりました。参拝者の皆さんが見守る中で、少しずつ表現される造形美。競技終了時までを取材しました。

開会式が始まりました。

 

成田山貫主御挨拶の後、物故者に対して黙祷、全国ニュー一番会の鶴見会長ご挨拶へと進行します。

競技者も真剣な面持ちです。

全国ニュー一番会、鶴見会長のご挨拶を頂き、前回優勝杯の返還を行いました。

選手宣誓がなされ、いよいよ競技開始です!

各競技者の作業スペースはおよそ2m四方でしょうか。氷柱が数本あるだけです。

これを上積みしたり、横に置いたりして準備を進めます。

いよいよ、チェーンソーが唸りをあげて氷に入りました。

氷の芸術家は、一気に作業されるのですが、

繊細なチェーンソー裁きする職人でした。

パーツ作成

各競技者設計の通り、でも臨機応変な構想を巡らせます。

どんな競技も予定通りなんてないです

着実に、確実に。氷が落下したりしてしまえば・・・と思うと観てる方も心配です。

氷彫刻競技は、制限時間2時間です。

午後に向けて少しずつ太陽ものぞき始めました。

この微妙なバランスには確実性が求められるのでしょうね。

この優勝杯は、誰の手に!!??

出展題名一覧(出展番号順)

1.大鯉 

2.美

3.水流

4.大空

5.Sailfish(バショウカジキ)

6.白鳥(ハクチョウ)

7.2匹のイルカ

8.復興~祈り~

9.鶴の舞

10.はらぺこ ワニ

11.神(カミ)

12.復活

13.猛犬注意!!

14.奏でるシンフォニー

15.ハンター

16.躍動

17.正義の味方

18.捕獲の瞬間(ほかくのとき)

19.鳳凰

20.春の舞

21.幸運の鳥 鷺(サギ)

競技は11:35に終了しました。出展選手の皆様、お疲れさまでした!

 

次回の氷彫刻競技を現地で、本物を目の当たりにしてみませんか?

全力で取り組んでいる姿には、どんな時も影響を受けるものですね。

 

真剣勝負を間近で見ることができ、感動の一日でした!