地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」

成田の四季特集

成田山新勝寺 迎春準備

周辺農家に約6,000束を特別注文して調達するしめ縄。このうち大しめ縄用として2,500束を選別し、大しめ縄を制作しているそうです。その他は、諸堂伽藍用として使用される300年も続けられている大しめ縄の飾付を取材させて頂きました。



毎年恒例の大しめ縄作りは、11月上旬から12月下旬までと製作に2ケ月近くかかり、成田山の職員や近隣のボランティアの方々によって作成されます。大しめ縄本体は、横6.6m、縦1.2m、重さ200キログラムあります。



成田山新勝寺の御本尊不動明王は、真言宗の開祖、弘法大師空海が自ら一刀三礼(ひと彫りごとに三度礼拝する)の祈りをこめて敬刻開眼された御尊像です。成田山では、この霊験あらたかな御本尊不動明王の御加護で、千年以上もの間、御護摩の火を絶やすことなく、皆さまの心願成就を祈願してきました。御護摩では、お不動さまの御力と僧侶の祈り、そして皆さまの祈りが一体となり清浄な願いとなって現れます。開山1080年を間近に控えた現在も、「成田山のお不動さま」として数多くの人びとの信仰を集めています。※ご参詣の際には堂内に上がって、お不動さまへお参りすることができます。(出典:成田山新勝寺ウェブサイトより)

年末恒例の成田山新勝寺の本堂前に掲げられた「大しめ縄」を飾り付け、新年を迎える準備が整いました。

飾り付けられる「大しめ縄」。

本堂前へと運び込まれました。

横6.6m、縦1.2m、重さ200キログラムの大きさです。

この大きな「大しめ縄」をどうやって持ち上げるのかと言えば、

ここは、もちろんクレーン車の出番です。

クレーン車により、地上6mの高さに取付た後、松の木や竹で整えていきます。動画撮影していますので、写真をクリックください(外部リンク先へ移動します)。

この作業は、37年のキャリアを持つ秋葉氏の先導で、

全体を見ながら作業される方々へ、

的確な指示が出されていました。

微調整は、縄で調整していました。

しめ縄を編んで準備されていた方々も、見守っていらっしゃいました。

「大しめ縄」が固定されたところで、次に左右の松の木や、竹で整えます。

慣れた手つきで、見る見るうちに飾付られました。



成田山新勝寺にお参りに来られる皆さんが潜る「大しめ縄」。

新春に、この「しめ縄」をご覧ください。

国際都市成田市・成田山新勝寺には、連日大変多くの海外旅行者の皆さんが来られています。ともすると、日本語の方が少ない瞬間もありますよ。


まいぷれ成田・印西・白井編集部は、成田山新勝寺周辺の駐車場情報、第一・第二種交通規制情報も掲載しています。成田山の初詣(外部リンク先へ移動します)についてもリンクしています。是非ご覧ください。今後更に成田市・印西市・白井市の神社仏閣の取材を進め、少しずつですが更新を進めていきます。