地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」

しろい情報

今井の桜保全プロジェクト「金山落の桜並木をクリーンアップ」

手賀沼統一クリーンデイ「美しい手賀沼を愛する市民の連合会」主催で、手賀沼流域を一斉清掃する手賀沼統一クリーンデイ事業が行われています。手賀沼水環境保全協議会では当事業への助成及び協力を行っています。この活動には白井市を初め、今井の桜保全プロジェクト、手賀沼水環境保全協議会、白井こどもエコクラブ、NPO法人しろい環境塾の協力により参加しました。

2020年度手賀沼統一クリーンデイ「金山落の桜並木をクリーンアップ」に参加された皆さん。

今井の桜保全プロジェクト

1.今井の桜の歴史と現状

白井市北部の今井地区には「金山落とし」と呼ばれる水路があります。これは、江戸時代に度重なる手賀沼の氾濫に対し、享保12年(1727年)に排水路として整備されたものです。戦後の土地改良により、昭和32年から10年かけて今の桜の名所となりました。水路は今も護岸工事がなされておらず、昔ながらの川岸の風情がしっかりと残っています。水路の両側の土手に植えられた桜並木は約280本に達します。花見の名所として知られ、春になると多くの見物客を集めいています。

国土交通省関東地区整備局が利根川下流の氾濫計算結果に基づく、白井市域の浸水想定区域の避難対象となる今井地区影響人口は約111人、影響建物は約29件に及びます。実際に、平成25年の台風・ゲリラ豪雨時には、今井地区では川が氾濫し、道路上30cm位まで浸水があり、1家族4名が公民センターに避難しました。

「出典:白井コミュニティセンター資料」(外部リンクしています)

白井コミュニティセンター職員さんによって、参加された皆さんの体温測定と体調確認もしっかりとされました。

お一人お一人の検温は、今や不可欠な受付風景となりましたが、一日も早くこのような光景がなくなればいいなぁと本当に思います。

2020年度手賀沼統一クリーンデイ「金山落の桜並木をクリーンアップ」

白井市役所職員の方から、今日の作業について紹介がありました。

分別収集する袋を確認して、作業開始となりました。

今回は全4班に分かれ、金山落としのクリーンアップを図ります。

今井2号橋を中心に、今井一号橋・名内橋方面に2班が川岸両方向から回ります。

反対に今井橋・今井三号橋方面にも2班に分かれて回収しました。

当初は、ここにゴミがあるのだろうかと思えるほど、自然であふれる金山落としです。

両方向とも折り返しする橋までは、距離がありますね。

どこからか風で飛んできたのか川岸には、目に見えないようで実はたくさんのゴミが散乱していました。

昔ながらの川岸の風情がしっかりと残っています

金山落としクリーンアップの開催日は、雲も少なく少し歩くと、ポカポカしてきましたよ。

カンナ街道もあり、休日も手伝ってか、いつもよりは自動車音が響いていたように思いました。

折り返し橋の今井三号橋です。この先に下手賀沼が広がります。

手付かずの自然を感じる川岸道。歩いていても、とても気持ちいいんです。

先行する班の皆さんに追いつきました。もう、袋が一杯になりそうです。

各班5~6名ですが、皆さんの袋がそれぞれ重たそうです。

きれいに保たれているのかと思いきや、実は沢山のゴミが・・・。

袋の中は、全てゴミです。

どうして?と思えるようなゴミ投棄に唖然となりました。

金山落としの河原子街道方面の折り返し橋は、もう少しです。

白鷺もいました!飛ぶ寸前に見つけシャッターチャンス!

親子で参加されていらっしゃいました。とても微笑ましく、お声がけしました。

娘さんが拾って、パパがゴミ袋へ。

この後、大きなカエルとの遭遇が!この時は知る由もありません。ビックリしましたね!

反対方面の折り返し橋、名内橋です。河原子街道に掛かる橋です。

皆さんの手には一杯になりそうなゴミ袋・・・。

川にはタイヤが放置されていました。何だか残念な光景です。

白井市のトラックが後方支援してくれていました。大きなゴミを直接回収してくれていました。

スタート地点でもありゴール地点の今井二号橋にたどり着きました。皆さんも、続々と到着されていました。

お疲れ様でした!

どのくらいのゴミを回収したのでしょうか?気になりますね。

トラックの荷台はゴミでいっぱい

トラックの荷台には、

畳や室外機、タイヤ、水槽等々・・・

たくさんの大きなゴミの山が積まれてました。

自然を感じ、四季の移ろいを観て

暖かい気候に誘われてか蜜を求めて。

白鷺は人に慣れているのか、距離があるからか、どんどん近寄ってきます。シャッターチャーンス!カワセミもいましたよ。速くて撮影はできませんでしたが・・・。

この取材は、NPO法人しろい環境塾よりご紹介頂き、お伺いさせて頂きました。

良き日本の風景と思っていた金山落としにも、こんなに不法投棄されている事を初めて知りました。そして幾つもの問題が山積しているとお聞きし、今井の桜保全プロジェクトに取り組んでおられる、白井コミュニティセンターに敬意を表します。

 

美しい手賀沼を愛する市民の連合会、今井の桜保全プロジェクト、手賀沼水環境保全協議会、白井こどもエコクラブ、NPO法人しろい環境塾の皆さまには、取材させて頂き誠にありがとうございました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

人気のキーワード