地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

成田・印西・白井の地域情報サイト「まいぷれ」

しろいの梨

100年以上の歴史がある白井市の梨づくり。全国でも有数の梨の産地なんですよ。

しろいのなし SHIROI BRAND

しろいのならまちがいナシ! 味が自慢です。

 

ご存知でしたか? 千葉県は、梨の収穫量・出荷量が日本全国でトップクラスなんです。平成30年度はともに1位でしたが、去年令和元年は出荷量は1位*をキープしたものの収穫量は茨城県に次いで2位*になっています(台風の影響が如実に出た感じでしょうか)。その千葉県内でも白井市はトップクラス**を占めます。梨の出荷規模(平成16年度統計)で関東の白井市、東北の福島市、山陰の鳥取市、九州の伊万里市が国内生産地の四天王です。

白井市の梨農家さんは、自信をもって「しろいの梨」を出荷されており、市内各所に直売所があります。皆さんも、ぜひ味わってみてください。

 *令和元年度農林水産統計より

 **平成18年産青果物生産出荷統計より(平成19年度より市町村別データ無し)

しろいの直売所マップ

しろいの直売所マップ 2020年5月版

梨だけでなく、他の野菜や果物の直売所も一緒に掲載されています。

PDF版は以下からダウンロードできます。

しろいの直売所マップ2020.05.pdf(2.6MB)

しろいの直売所一覧2020.05.pdf(6.4MB)

 

梨は、バナナやメロンのように追熟(=収穫後、時間が経つことで甘さが増したり果肉がやわらかくなること)しません。色の明るい食べごろのものを選ぶことをお勧めします。

しろいの梨のポータルサイトがあります。このサイトからインターネットで購入もできます。最新情報なども配信されていますので、是非ご覧ください。

「しろいの梨」ポータルサイト → http://shiroi-nashi.com/(外部サイトへリンク)

 

梨農家さんが収穫した梨を選別して、市場へ出荷されているJA西印旛農協の白井中央梨選果場さんを取材させて頂きました。こちらからご覧いただけます。選果場さんでも梨が購入できます。

梨を使ったオリジナルレシピ

梨づくしの料理盛り合わせ

梨を料理に使ってみたいという方へ

「白井S級グルメの会」さんが考案されたオリジナルレシピを掲載しています。こちらからご覧ください。

白井市で生産されている主要な品種

 

品種 収穫時期 特徴

幸水

(こうすい)

8月上旬~

8月下旬

酸味が少なく甘みが強い、人気のある品種です。日持ちは室温(冷暗所)で5日程度です。冷蔵庫での保存をお勧めします。

豊水

(ほうすい)

8月下旬~

9月中旬

果実は「幸水」より大きくなり、多汁で甘味と酸味のバランスの良さが特徴です。日持ちは室温(冷暗所)で10日程度です。
あきづき

9月上旬~

9月下旬

幸水・豊水・新高の3つの品種交配でできた梨です。果肉は柔らかく果汁もたっぷりで、糖度が高く酸味が少ないのが特徴です。日持ちは室温(冷暗所)で14日程度です。
かおり 9月中旬 白井市のキャラクター「かおりちゃん」の名前のもとになっている品種です。香りが良いことから「かおり」と呼ばれています。さわやかな甘さと香りが特徴で、緑色の果皮も特徴的です。幸水や豊水ほど出回っていないため、ぜひお近くの直売所でさわやかな香りをお試しください。日持ちは常温(冷暗所)で3日程度です。

新高

(にいたか)

9月中旬~

9月下旬

大型の梨で、中には1kgを超えるものもあります。甘みが強くて柔らかく、風味豊かな高品質の梨です。日持ちが良く、新聞紙に包み冷蔵庫で保存すれば1か月以上持ちます。

新興

(しんこう)

10月上旬~

10月下旬

やや大きめの品種で、果汁が多く、酸味は弱めで、食感はシャリシャリとした歯触りです。日持ちは常温(冷暗所)で20日程度です。

 

梨の保存方法と食べ方

夏期に収穫され流通する梨は日持ちの良いものではありませんので、なるべく早くご賞味ください。

 

保管は、風通しの良い冷暗所に保管してください(箱入りの場合は必ず箱を開けてください)。果実を新聞紙などで包んで保湿すると、より長持ちします。冷暗所がない場合や、すぐに食べきれない場合は、冷蔵庫に入れて保管してください。甘みは多少落ちますが、腐敗を防ぎ、食感の瑞々しさを保つことができます。

 

食べる時は、色の明るいもののほうが熟していますので、お手元にたくさんある場合は色の明るい梨から順に食べると良いでしょう。食べる1時間ほど前に冷蔵庫に入れて、少し冷やすと甘味を強く感じられます。梨の果肉は、皮に近い部分が甘いので、皮をできるだけ薄くむくことで、梨の甘みを十分に味わうことができます。

 

梨の豆知識

梨は、枝側よりもお尻(果頂部)の方が甘い傾向にあります。また、種に近い方よりも果皮に近い部分の方が糖度が高いです。主な栄養成分としては、食物繊維・ソルビトール・カリウム・アスパラギン酸が含まれます。

 

ソルビトール

天然の甘味料。水分保持機能があり、便秘予防に効果があります。

カリウム

体内中のナトリウムの排出を促進し、血圧を下げる効果があります。

アスパラギン酸

アンモニアの排出を促し、利尿効果があります。疲労回復にも役立ちます。

 

人気のキーワード